日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

顔のシミ対策!赤いシミ・茶色いシミを消す方法とは?【ためしてガッテン】

シミ 対策 ためしてガッテン

顔のシミを対策したい人必見!
赤いシミ・茶色いシミを薄くしたり、消す方法をご紹介!

NHK「ためしてガッテン」2016.1.20の放送は、「戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策」という女性必見の内容でした。

加齢とともに、「顔のシミ」は増えて行ってしまいます。どうしようもないとあきらめていませんか?
実は、きちんと対策すれば、消したり薄くできるとか。

ポイントは、「赤いシミ」「赤いシミ」と、「シミの色」で対策が異なるということ。

(1)「赤いシミ」は真っ先に対策が必要
外見は目立たなくても、実は「がんのタネ」だったりすることも。早期発見できれば、「ある薬」を塗ることで、肌の奥まで効果が浸透し、つるつるの肌に戻るかも!?

(2)「茶色いシミ」は多くの女性のお悩み。
いつもやっている「ある習慣」をやめることで、劇的な改善が期待できるらしいです!

その他、番組で紹介された、UVクリームの知識等をご紹介します。



赤いシミはガンのタネ!

あなたは、顔に「赤いシミ」できていませんか?
「赤いシミ」は絶対に見落とさないで下さい!

「赤いシミ」は「前がん症」「がんの一歩手前」「皮膚がんのタネ」ということ。

「赤いシミ」は、単なる「シミ」として放置していては非常に危険なのです。

では、なぜ「ガンのタネ」が赤く見えるのでしょう?

がんのタネが赤く見える理由

私たちの皮膚の構造は、カンタンに示すとこんな感じです。
――――――――――――――――
(上)表皮 ※表皮は0.2mm程度でとっても薄い。
――――――――――――――――
(下)真皮
――――――――――――――――

ガンのタネが赤く見える理由は次のとおり。

●表皮にガンのタネができる。

●免疫細胞がガンのタネの周りに集まってくる。

●ガン細胞と戦ってやっつけようとする。

●同時に血管が太くなる
(免疫細胞をたくさん運んできたりするため)

●太くなった血管が透けて見えているのが「赤いシミ」

ということ。

「赤いシミ」そのものがガンというわけではないのです。
「赤いシミ」はそこにガンのタネができていることを知らせてくれているサインなのです。


「ガンになるシミ」
日焼けによるガンのタネは「赤色」が多い。
「茶色いシミ」がガンになる可能性は低い。

赤いシミを消す薬「イミキモドクリーム」

顔に赤いシミがあったら、大ショックですよね。
でも、ここで朗報です!

なんと顔の赤いシミを消す薬があるそうです。
それが、「イミキモドクリーム」という塗り薬です。

「イミキモドクリーム」は、赤いシミを消す薬。
つまり、「ガンのタネを消す薬」ということなのですね。

<赤いシミを治す塗り薬のパワーの例>

★鯨岡さん(女性)の例

番組に登場された鯨岡さんは、まゆの横あたりに赤いシミがありました。皮膚科で「湿疹」と言われ塗り薬を渡されたが改善されません。2カ月後別の病院へ行ったのですが、そこでも「湿疹」と診断され同様な薬を処方されました。

治らないまま2年経過、4件目の皮膚科でもらった塗り薬を塗ってすぐ、今度は赤いシミが「ぐじゅぐじゅ」になり、悪化したように見えてびっくり。しかし、そのまま1カ月塗り続けたところ、赤味がすっかりおさまり、キレイに治ったということ!かゆくもなく、なんともなく、すべすべして白くなったそうです。

★別の人の例
額に赤いシミがポツポツ。塗り薬をぬったら、どんどん赤みが出てきてしまい、3週間後はナント額全体が赤色でいっぱい!テレビではモザイクをかけていたほどです!

薬を処方した赤いシミ研究の第一人者「信州大学名誉教授 斎田敏明医師」に、その塗り薬の効果を尋ねてみると、「一見正常に見える、タネみたいな病変のところにも効果を発揮して、そういう細胞を攻撃することができる、あぶり出し効果という」「ひとつあれば他のところにも隠れた状態でガンの始まりのタネみたいなものがあると考えた方がいい」といったコメントをされていました。

赤いシミができている場合は、その周りにまだ目に見えていないけど、ガンのタネがたくさんできていると予想されるわけです。

「イミキモドクリーム」の効果とは?

「イミキモドクリーム」は、皮膚の中の免疫細胞を活性化させる力があるそうです。

免疫細胞たちにがん細胞と戦わせると、どうしても炎症が起こります。
その炎症が、鯨岡さんの場合で言う「ぐじゅぐじゅ」なのですね。

前述のように鯨岡さんの赤い「ぐじゅぐじゅ」は、塗った当初は悪化したかのように見えましたが、そのままつけていると徐々にキレイになっていきました。

「イミキモドクリーム」は、「自己治癒力」をとても強くあげてくれる薬なのだそうです。

「イミキモドクリーム」
細胞の検査なども行い、病院で処方される。
※一般的なシミの薬ではありません

「液体窒素」で赤いシミの早期治療

赤いシミの早期治療として、「イミキモドクリーム」の他に「液体窒素」による治療も紹介されました。

「液体窒素」は-196度。
「液体窒素」に浸した綿棒を数回患部に当てるだけ。

トータル1分以内で終わるいたって簡単な治療。

早期であれば治療はあっという間に終わるそうです。

液体窒素での治療
ガンのタネがまだ小さく少ないと診断された場合に、
皮膚の表面を凍傷させ、薄くはがすという治療法。

場所がある程度決まっていて、数が多くない場合は、液体窒素でも十分治療できるそう。
皮膚の浅い部分のガンなので、早いうちに見つかれば簡単な治療で治せるとのこと。

ザラザラしていつまでも赤いシミがある場合は、日焼け対策とともにまずは皮膚科へ行きましょう!


【CCクリームプレゼント付訴求】サエルトライアルセット

赤いシミの原因と対策は?

<赤いシミの原因>
日焼け

<赤いシミの対策>
日焼け対策が大切で、その中でも特に「冬の日焼け対策」が重要

赤いシミの特徴は?

赤いシミは、「日光角化症」のことで、ガンのタネ。
その赤いシミの特徴は次のとおり。

<赤いシミの特徴>

  • 触ると表面がザラザラしている
  • 2~3カ月たっても赤みがひかない
  • 冬でも赤みが増える
  • 赤いシミは、こんな風に見えることもあるようです。

    ・湿疹みたい
    ・虫刺されみたい

    これらのような赤いシミがあったら、要注意です。

    赤いシミができやすい人

    赤いシミができやすいのは次のような人です。
    ・日焼けすると赤くなるだけで黒くなりにくい肌質の人
    ・日光に当たる生活を長年してきた人
    このようなあなたは、特に気を付けてみて下さいね。

    ◎高齢になってから気づくことも
    60~70歳位になったら要注意。
    ある年の夏に日光に当たったから、その年の冬に出るわけではなく、子供の頃から日に当たってきた結果、できてしまう。

    ◎自覚症状が少ない
    かゆみや痛みなどの自覚症状が少ない。
    放っておくと皮膚の深くまで進行してしまう場合もある。

    ◎早期発見、早期治療が大切
    早期に発見できれば、手間かからずにキレイに直すことができる。
    赤いシミをみつけたら、早めに病院に行きましょう。

    「SPF50+」=UV-B対策、「PA+++」=UV-A対策

    ◆紫外線「UV-B」「UV-A」

    私たちの肌に届く紫外線は「UV-B」「UV-A」の2種類があり、
    それぞれ次のような特徴があります。

    ・「UV-B」(肌を赤や黒に日焼けさせる)
    ・「UV-A」(日焼けが起きにくい)

    「UV-A」は「日焼けが起きにくい」ということでいくら浴びても平気なのではないかと思いがちですが、そこが落とし穴。

    冬になると「UV-B」は夏の約20%になるが、「UV-A」は約50%程度しか減りません。

    「UV-A」は冬でも結構残っていることになります。

    ◆UVクリームの「SPF50+」「PA++++」

    UVケア

    私たちが普段使っているUVクリームには、「UV-B」と「UV-A」のいずれにも対応していて、それが「SPF50+」「PA++++」といった表記です。
    —————-
    「SPF50+」
    「PA++++」
    —————-
    ※「PA」のAは「UV-A」のA。

    これらをまとめると、

    ◆「SPF50+」は「UV-B」対策
    ・「UV-B」は、肌を赤や黒に日焼けさせる
    ・「UV-B」は、冬は夏の約5分の1(20%)

    ◆「PA++++」は「UV-A」対策
    ・「UV-A」は、日焼けが起きにくい
    ・「UV-A」は、冬は夏の約2分の1(50%)

    冬は、意外とUV-Aの量が多く侮れないんですね。

    冬の日焼け対策(紫外線対策)こそ力を入れるべき!

    冬は、紫外線全体の量は少ないのですが、冬になると肌が白くなり、紫外線の影響を受けやすくなります。

    そう、冬こそ紫外線対策が大切なのです。

    UV-A対策として、「PA+++」の「+」の数が多いほどUV-Aを防ぐ働きが強くなります。

    UV-Aの目安としては、

  • 散歩など日常生活では、「PA+~++」
  • 屋外レジャーでは、「PA++~+++」
  • あなたは普段どんな日焼け止めやUVケア化粧品を使っていますか?
    「SPF」や「PA」の数値やプラス表示はいかがでしょう?

    一度確認してみておくことをおすすめします。

    国内最高値「SPF」・「PA」のおすすめ商品とは?

    シミの元凶、紫外線を対策するために、日焼け止めやUVケアクリームって必需品。
    その「SPF」の数値や「PA」のプラス表示は商品によって異なります。

    そこで、どの数値のものにしようかと少し迷いませんか?
    手っ取り早いのは、国内最高値のものを選ぶこと

    現在の国内最高値は、「SPF50+」「PA++++」です。

    それから、こんな風に思っていませんか?

    「近所への外出なのにUVケアからファンデまではメンド~」
    「忙しくてお化粧している時間がない」
    「UVケアとファンデが1回で済めばいいのに」

    はい、そんなあなたにピッタリなのがこちら(↓↓)


    ⇒国内最高値【SPF50+】【PA++++】1本5役の本格UVケア


    この化粧品の特にスゴイ点はココ!
    ◎「SPF」と「PA」が国内最高値!
    ◎1本で5役(日焼け止め・クリーム・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー)

    まさに多忙な主婦の見方ともいえる化粧品です(笑)

    ・高紫外線対策したい!
    ・時短美容したい!
    ・手軽にばっちりUV対策したい!

    そんなあなたは検討してみると良いと思いますよ。

    以上、「赤いシミ」についてのまとめでした。

    ※「茶色いシミ」については、長くなるので別のページにしました^^
    ⇒シミを消したい!顔の茶色いシミの原因と対策は?



    関連記事