日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

枝豆を美味しくゆでるコツ

枝豆


今日も夏真っ盛り。
我が家のある場所では、最高気温が36度!

あつい、暑すぎます・・・(^^;。

さて、その夏といえば、ビール。
ビールといえば、枝豆ですよね!

ご家庭でお酒のおつまみに、
枝豆をゆでることもよくあるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

そこで、どうでしょう?

ゆでた後、茶色に変色したりしてませんか?
茶色くなると、お味の方も落ちますよね・・・。

実は私も以前は、茶色くなってがっかりしたことが、
何度もあったんです。

そんなある日、ちょうどテレビで見てたらやってました!
ゆでた枝豆をお店のように青いままにしておくコツを。

ほんとに簡単なコツなんです。
以下にご紹介しますね。

 

<ゆでた枝豆を茶色くさせないコツ>

(1)ざるで枝豆を洗います。
(2)洗いあがったらざるに入れたまま、
塩を適度(1袋に大さじ1杯程度かな?)にふりかけ、
枝豆に塩をざっとまぶし、そのまま10分置きます。
(3)お湯を沸騰させ、塩を一つまみいれます。
(4)そこへ枝豆を入れて、さいばしで軽くまぜます。
(5)枝豆が割れて、中の豆が見え始めたらもう大丈夫。
(6)枝豆をざるにあげて、塩を軽くふりかけて、召し上がれ。

というわけで、ポイントは、

◎軽く塩もみして10分置くこと。
◎中の豆が見え始めたらざるにとる(堅めにゆでること)。

の2つです!

これで、ゆでた枝豆は茶色くなりません!
時間がたっても、青いまま!!
お店で食べるよりも美味しいですよ。

アツアツの青い枝豆、ぜひ食べてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事