日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

【たけしのみんなの家庭の医学】奥薗レシピ「ほうれん草のナムル」目の老化予防

みんなの家庭の医学 ほうれん草

【たけしのみんなの家庭の医学】5月17日。奥薗壽子流レシピで「ほうれん草のナムル」「五目焼きそば」「肉野菜スープ」の作り方・レシピをご紹介!目の老化予防・加齢黄斑変性を防ぐ4つの栄養素が入ってますよ。

・作り置きおかず:「ほうれん草のナムル」
・アレンジ1:「五目焼きそば」
・アレンジ2:「肉野菜スープ」

以上、3品の作り方・レシピをご紹介していきます。

スポンサードリンク

ほうれん草ナムルの栄養素

奥薗レシピ「ほうれん草のナムル(3食分)」について、「加齢黄斑変性を防ぐ4つの栄養素」の量は次のとおりです。

「ほうれん草のナムル(3食分)」の栄養素
◎加齢黄斑変性を防ぐ4つの栄養素
(1)ルテイン(基準10mg) 31.6mg
(2)ビタミンC(基準100mg) 105.0mg
(3)ビタミンE(基準6mg) 8.1mg
(4)亜鉛(基準8mg) 10.3mg

もちろん、全部クリアです!

主なルテイン食材は、ほうれん草。
主な亜鉛食材は、高野豆腐を使っていきます。

ほうれん草ナムルの作り方・レシピ

hourennsou300

◆材料(3食分)

(a)
・ほうれん草1束(250g)ルテインビタミンCビタミンE
・塩(小1/4)
・ごま油(大1)

(b)
・豚肩ロース薄切り(150g)亜鉛
・片栗粉(小1)
・しょうゆ(小1)

(c)
・水(50cc)
・しょうゆ(大1)
・しょうが(すりおろし1かけ)

(d)
・高野豆腐(3枚)亜鉛ビタミンE
・小麦粉(大2)
・長ねぎ(1本:100g)ルテイン
・オリーブ油(大1)

(e)
・塩(お好みで)
・ラー油(お好みで)
・ごま油(大1)
・いりごま(大2)亜鉛

◆作り方

【1】
・ほうれん草を蒸しゆでにする。
・あら熱を取り、水分を絞る。
・食べやすく切ってボールに入れる。
・更に塩とゴマ油をまぶし、ほうれん草に味をなじませる。

【2】
・高野豆腐を水に5分つけて戻し、水気を絞る。
・細切りにし小麦粉をまぶす。

【3】
・長ネギを斜め薄切りにする。
・(b)の豚肉を細切りにし、しょうゆ・片栗粉でもみ込む。

【4】
・フライパンにオリーブ油を入れる。
・豚肉を炒める。
・豚肉に火が通ったら高野豆腐を入れて炒める。
・高野豆腐を焦げ目がつくまで炒める。

【5】
・フライパンの火を止める。
・調味料(c)を入れて絡める。
・ネギを入れ余熱で炒める。

【6】
・ほうれん草を入れたボールに炒めた物を入れて混ぜる。
・お好みで(e)の塩・ラー油を入れる。
・香りづけに(e)のごま油を入れる。
・最後に(e)のいりごまをふりかけて完成。

スポンサードリンク

五目焼きそば

<アレンジレシピ>
・ゴマ油で炒めた焼きそばの麺とナムルを混ぜる。
・味を調えて完成。

肉野菜スープ

<アレンジレシピ>
・熱々のお湯にナムルを入れる。
・しょうゆとごま油で味を調える。
・お好みでラー油をたらして完成。

ポイント

◆ほうれん草

ほうれん草は、ルテインが豊富ですが、ビタミンCやビタミンEもたっぷりで、栄養豊富。

◆高野豆腐

高野豆腐は、亜鉛やビタミンEがたっぷり。今回細切りにしたのは、早く火が通り時短になることと、素材に旨みがよくからむようになるから。

◆長ネギ

長ネギも、実はルテインが豊富です。

◆豚肉

豚肉は、ビタミンB1が豊富です。

まとめ

ほうれん草のナムルを作り置きおかずとして常備し、五目焼きそばや肉野菜スープにアレンジするという奥薗先生のレシピでした。これでルテインも亜鉛もばっちり摂取できますね。

<奥薗先生の最近の著書>

★次のレシピ⇒奥薗レシピ「かぶの葉ふりかけ」目の老化予防

関連記事