日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

林修の今でしょ講座 ダイエット

【林修の今でしょ講座】6/21放送は臓器別ダイエット法がテーマ。
ここでは、臓器のうち「胃」のメカニズムを利用したダイエット法をまとめていきます。

胃は、食欲をコントロールする臓器。食欲をコントロールするには、胃から出る食欲ホルモンをある方法で抑えればよいのです。その食欲ホルモンを抑える方法とは?

また、ダイエットと睡眠時間の関係が明らかになってきました。ダイエットに最適な睡眠時間とはいったい何時間なのでしょう?

15kg痩せた名医の池谷敏郎先生がわかりやすく解説して下さいました。

胃の特性を学んで効率よくダイエットしましょう!

スポンサードリンク

胃の外科手術で肥満が改善する?

「胃」のメカニズムを利用したダイエット法についてまとめていきます。

臓器のうち、「胃」は、食欲をコントロールする臓器ですね。

今回のテレビ番組では、まず、2枚の写真が登場。胃の一部を切除する治療を行った同一女性のビフォー写真とアフター写真です。

それが、ビフォーとアフターでは、まるで別人!!
体型はもちろん、顔つきも変われば変わるもんですΣ(゚Д゚)

胃の一部切除の外科的手術ってスゴイです!
写真で見た限り、肥満が劇的に改善されていました~。

といっても、今回は、外科的手術を勧めるダイエット法ではありませんのでご安心を(笑)

「胃を一部切除すると痩せられる」

ここがポイントになるのです。

肥満と食欲増進ホルモン「グレリン」の関係

胃を一部切除するとなぜ痩せられるのでしょう?

それは、胃の一部切除により、胃から出る食欲増進ホルモン「グレリン」の量が減少するから

肥満の劇的改善に、食欲増進ホルモン「グレリン」の存在が大きく関わっているのです。

「グレリン」が胃から分泌されると、脳の摂食中枢を刺激して食欲が出てきてしまうのです。

例えば、「デザートは別腹」ってよく言いますよね?

「グレリン」が分泌されると、たくさん食べた後なのに「まだまだ食べられる!」と、デザートをいくらでも食べれるようですよ。

はい、私もよくあります・・(^^;

胃から食欲増進ホルモン「グレリン」が分泌される
 ⇒ 脳の摂食中枢を刺激して食欲が出る

つまり、痩せたいならグレリンを出にくくすればよいわけですね。

その方法はこの後ご紹介しますが、今回池谷先生が教えて下さるのは、もちろん「胃を切るダイエット」ではありません(笑)

胃を切らずとも「胃を切ったかのごとく」痩せるダイエット法です!

よかった~ ( ;∀;)


スポンサードリンク

睡眠時間で食欲を抑える方法とは?

食欲をどんどん増してしまうホルモン「グレリン」。

ダイエットにはグレリンが出ない方がよいわけですが、どうすればよいのでしょうか?

実は、胃のメカニズムを知れば、食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌を抑えられるのだそうです!

そのカギとなるのは意外なところに!
「8時間ダイエット」でも、「食べる順番ダイエット」でもなかったんです。

食欲増進ホルモン「グレリン」を出しにくくして、食欲を抑える方法。

そのポイントは、なんと「睡眠時間」にあったのです!

実は、こんなことがわかっているそう。


睡眠時間7~8時間が、最もグレリンが出にくい。

2004年のアメリカの研究によると、「胃から出る食欲増進ホルモングレリンは、睡眠時間が短いほど増える」ということが判明。そして、7~8時間が最も少ないということ。

睡眠時間とダイエットの関係

前述のとおり「睡眠時間と食欲の関係」が明らかになったわけですが、更に「睡眠時間と太りやすさの関係」もわかってきたそうです。

睡眠時間がどれだけダイエットと関係が深いのか最新データによって明らかになったのです。

ダイエットに直結する睡眠時間の長さ。それを示す衝撃のデータは次のとおり。

2005年コロンビア大学他による研究によれば、

「睡眠7~9時間に比べ、睡眠4時間以下は肥満率73%アップ」

なんと、睡眠4時間以下だと肥満率が73%も増すとのこと!
かなり太りやすいようですよ!

それにしても、ダイエットにとって睡眠時間が大切とは驚きですね。

きちんと寝ないと、

・グレリンが出てしまう
・起きている時間が長いのでその分食べてしまう
・眠れなかった翌日は運動のモチベーションも下がる

など、短時間睡眠は二重にも三重にも良くないのですね。

【結論】胃のメカニズムを利用したダイエット法

前述の事実を踏まえて、胃のメカニズムを利用するダイエット法とは?


胃のメカニズムを利用したダイエット法
睡眠時間を7~8時間とる!

胃に直接関わることでダイエットするというものではなく、別のことで、胃のメカニズムをうまく利用して、ダイエットするという方法でした。

私の睡眠時間は通常5時間未満(^^;

寝るのがもったいなくて、ついつい睡眠時間を削ってしまうのですが、ダイエットにつながるというのであれば、喜んで睡眠時間をもっと確保したいと思います!

痩せたいあなたは、7~8時間、しっかり寝ましょうね!

★このテーマの目次ページに戻る
 ⇒【林修の今でしょ講座】臓器別ダイエット(6月21日)胃・脳・腸・胆のう

スポンサードリンク

関連記事