日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

【ジョブチューン】医者SP(7月2日)がんにはコーヒー・野菜ジュース・青汁等が効果的!

ジョブチューン がん コーヒー

「ジョブチューン」7月2日に放送された「医者ぶっちゃけ2時間SP!ベストセラーの医療本の著者・名医12人が大集合!」。

このページでは、ぶっちゃけ衝撃度ランキング第12位「がん予防に最も効果がある飲み物は?」について、水上 治先生がぶっちゃけられた内容をまとめました。

厚生労働省(2015年)によると、日本人の死因は次のとおり。【第1位】がん【第2位】心臓病【第3位】肺炎。今や2人に1人がかかり、3人に1人が死亡するという国民病とも言えるガン。

そんなガン予防に効果的な飲み物や食べ物として水上先生がぶっちゃけられたのは、コーヒー・野菜ジュース・青汁・にんにく・ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)・えのきだけ・ぶなしめじ・オリーブオイル等だったのです!

スポンサードリンク

ベストセラー名医(がん):水上治先生

がん治療歴が40年という健康増進クリニック・腫瘍内科医水上治先生。水上先生は、がんに関する数々の本を執筆されてきました。

今年2016年4月に発売された次の書籍は、既に3万部以上のベストセラーになっているのだそう!

◆「難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!」

がん予防にコーヒーが効果的!

◆がん予防のぶっちゃけ

【がん予防のぶっちゃけ】2015年国立がん研究センターが発表した、がん予防に最も効果がある飲み物は⇒「コーヒー」

水上先生によると、コーヒーは、めっちゃめちゃ「がんにいい」のだそうですよ!

コーヒーのがん予防効果とは?

【Q】なぜ、コーヒーはがんに良いの?
【A】コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの抗酸化作用により、がんの発生が抑えられていると考えられている。コーヒーを飲みさえすれば、様々ながんの予防効果が期待できる。

【Q】コーヒーにはどんながんの予防効果があるの?
【A】1日に飲む量によって、次のようながんの予防効果が期待できる。

コーヒーのがん予防効果
<毎日2杯以上飲むと予防効果が期待できるガン>
・乳がん
・子宮がん
・大腸がん

<毎日3杯以上飲むと予防効果が期待できるガン>
・口腔がん(リスクが4割位まで軽減される)
・咽頭がん(リスクが4割位まで軽減される)
・肝臓がん(リスクが半分位になる)

【Q】ホットでもアイスでもいい?
【A】どんな摂り方でも良い。

【Q】缶コーヒー、インスタントコーヒーでもいい?
【A】どちらも、大丈夫。

【コーヒーの抗酸化作用】コーヒーには、がんの原因の一つである、体内の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用がある。そのため、コーヒーを1日に2~3杯飲むことによって、様々なガンの予防効果が期待できるのだそう。

コーヒーの効果(ガン以外)

コーヒーを飲むことで、がん以外にも、体に良い様々な効果があるのだそう。

コーヒーを飲むことで期待できる予防効果
・肌のシミ
・肝硬変
・糖尿病

その他にも、心臓や脳の血管の炎症を抑える効果もあるそう。

また、水上先生によると、「毎日3~4杯のコーヒーを飲むと、心臓や脳の病気で亡くなるリスクが2割は減る」と思われるとのこと。

コーヒーには、「素晴らしい効果がある」と水上先生。

スポンサードリンク

コーヒー以外でがん予防に効果的な飲み物は?

【Q】胃がん予防につながる飲み物は?
【A】胃がんの原因はほぼわかっていて、「ピロリ菌」「塩分の摂りすぎ」が関わっている。塩分を摂りすぎていても、それを飲むことで、塩分の弊害をかなり減らすことができる飲み物がある。実は「野菜ジュース」

【野菜ジュースが胃がん予防に効果的な理由】
野菜ジュースに多く含まれている「カリウム」が、腎臓から塩分を排泄してくれるから。

【Q】「青汁」でもいい?
【A】「青汁」でも大丈夫。

食べ物でがん予防になるものは?

がん予防に効果的な食べ物
◎ニンニク
◎ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)
◎えのきだけ
◎ブナシメジ

ブロッコリースプラウトはやっぱりですね。前回3月26日の医者ぶっちゃけSPでもがん予防に効果的な食べ物として取り上げられましたっけ。
がん予防にブロッコリースプラウト!スルフォラファン効果に注目!

◆エノキ茸とぶなじめじのがん予防効果

エノキ茸とぶなじめじには、それらに多く含まれる「βグルカン」が免疫力を高めてくれることがわかっている。
このがんを防ぐ効果について、国立がん研究センターからも発表されているとのこと。

【Q】効果的な食べ方は?
【A】茹でてもよいが、有効な成分が逃げてしまうので、焼いたり炒めたりして食べた方がよい。水上先生のおすすめは、「オリーブオイルに入れて作る、エノキダケとぶなしめじのアヒージョ」。

◆「エノキダケとぶなしめじのアヒージョ」

えのきとしめじのアヒージョ
<材料>
・エノキダケ
・ぶなしめじ
・ブロッコリー
・にんにく
・たかのつめ
 ⇒これらを、オリーブオイルでアヒージョにする。

◎この材料すべてがん予防に効果的とほぼ証明されているとのこと。なお、「オリーブオイル」も良いとのこと。

がん予防であまり知られてないことは?

【Q】がん予防であまり知られてないことは?
【A】実は、「小太り・ぽっちゃり系が一番がんになりにくい」。おデブはダメ。

【Q】なぜ小太りの人ががんにかかりにくいのか?
【A】痩せている人よりも、ぽっちゃり体型の人の方が免疫力が高く、がんになりにくいというデータが多い。

◎BMI(肥満指数)⇒BMI「25」位がちょうどよい

BMI(肥満指数)「25」の目安(男女共通)
155㎝・60kg
160㎝・64kg
165㎝・68kg
170㎝・73kg
175㎝・77kg
180㎝・81kg

受けた方がいいガン検診は?

【Q】人間ドックで受けた方がいい、ガン検査は?
【A】水口先生がオプションでおすすめしている3つの検査は次のとおり。

(1)腹部超音波検査(エコー)
肝臓、胆のう、腎臓、膵臓、ぼうこう、前立腺、卵巣、子宮などが見えるので、このような内臓にできるガンを早期発見できる可能性がある。
(2)胸部CT検査
早めの肺がんや食道がんを発見できることがある。
(3)大腸内視鏡検査
がん細胞になる前のポリープの内に取れば治る。

これらは、40歳以上の場合、1年に1回受けた方がよい。発がんリスクが高い年代なので。

乳がん検査は?

【Q】マンモグラフィーを受けていれば大丈夫か?
【A】マンモグラフィーは良いが、限界がある。どうしても見落とすことがあるので、超音波(エコー)の併用がおすすめ。超音波は、がんが塊として小さいうちに映ることも多いのでうまく活用するといい。

【自己検診も行うこと!】
入浴時に素手で胸を洗って、ちょっとシコリか違和感が感じられたら、早めに病院に行くこと。早期発見も可能。

まとめ

「がん予防に最も効果がある飲み物」とは、ずばり「コーヒー」でした!

HOTでもICEでもOK!
缶コーヒーでも、インスタントコーヒーでもOK!

1日2~3杯で様々なガンの予防に効果的とのことですよ。

また、シミの予防や乳がん・子宮がん等の予防にもなったりするので、特に女性はコーヒーを飲む様にしましょう!!

コーヒーって、ほんとスゴイ効果があるんですねΣ(゚Д゚)

スポンサードリンク

関連記事