日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

本当に必要な防災グッズとは?防災セット選びの注意点

防災グッズ

東日本大震災以来、防災意識が高まった人は多いと思いますが、
さて、あなたは、防災グッズを用意していますか?

我が家では、カセットコンロや、ペットボトルの水を多めに用意するなどはしていますが、
他には、用意しなくてはと思っているだけで、まだ準備ができてないような状態です。

もしかして、あなたも同様ですか?

ですが、首都圏大地震や富士山噴火などはいつ起きてもおかしくないといわれていますよね。
そこで、今度こそ防災グッズを用意すべく、本当に必要な防災グッズについて調べてみることにしました。

スポンサードリンク

本当に必要な防災グッズとは?

「本当に必要な防災グッズをリストであげよ」

と言われても、実際にリストアップするのは難しいと思います。

というのは、本当に必要な物かどうかは「ケースバイケース」だからです。
住んでいる地域、家族構成、住宅事情、どんな災害なのか等によって、必要なグッズは変わってきますよね。

たとえば、私は目がとても悪いのです。眼鏡がなければ身動きとれません。そんな私にとっては最低限必要なのは「眼鏡」ということになるでしょう。

また、女性であれば、「生理用品」や「化粧水」は用意しておきたいところです。

さらに、持病があり、薬がなければ体調に支障を来してしまうといった人にとっては、「常備薬」が最低限必要ということになりますよね。

「最低限必要なものはケースバイケース」ということを理解していただいた上で、次を参考にされてくださいね。

非常持ち出し袋に最低必要な防災グッズリスト

「非常持ち出し袋には、最低これだけは必要です」として、総務省が紹介している防災グッズリストがありましたので、その中身をご紹介しますね。

<非常持ち出し袋には、最低これだけは必要です>

  • 印かん
  • 現金
  • 救急箱
  • 貯金通帳
  • 懐中電灯
  • ライター
  • 缶切り
  • ロウソク
  • ナイフ
  • 衣類
  • 手袋
  • ほ乳びん
  • インスタントラーメン
  • 毛布
  • ラジオ
  • 食品
  • ヘルメット
  • 防災ずきん
  • 電池

以上が、最低限必要な防災グッズということでした。

結局、どうするといいの?

東日本大震災以降は、非常用持ち出し袋や防災グッズのセットが多く売り出されるようになりました。

このような防災セットの場合、家族構成によっての、必要なグッズや食料が非常によくまとまっていますが、やはりこれですべてをまかなえるわけではありません。

必要な防災グッズのおすすめとしては、

<防災グッズ おすすめの準備方法>

(1)防災グッズセットの中身を参考に、全て個別に買いそろえる。
 または
(2)防災セットを買い、追加で個別に買いそろえる。

このような考え方で、防災グッズを用意するとよいのではないでしょうか?

防災セット選びの注意点

防災セットは、最近では、通販や市販で非常に多く販売されています。テレビショッピングや雑誌などで見かけることも多いですよね。

この防災セットは、基本的には必要なものがよくそろっているので、どれを選んでも大きな間違いはないと思われます。

ですが、一つだけ注意したいことがあります。

それは、「重さ」です。

非常持ち出し袋は10~15kgのものが多いようです。これを持ち歩けるような元気な人や若い人はこれでもよいでしょう。

ですが、女性、子供、お年寄りの場合、10~15kgのリュックを背負うのは、容易ではありません。

できれば「5kg程度まで」の軽量なものや持ち運び便利なバックが入っているなど移動のことも頭にいれて選ぶようにしたいところです。

なお、最近楽天で、家族の人数に合わせた防災セットが人気です。
参考までにご紹介しておきますね。

◆楽天で人気のセット(2人用)

◆楽天で人気のセット(3人用)

【グッドデザイン賞】の防災セット(女性におすすめ)

「かっこいいリュックがいい」
「スタイリッシュでデザイン性が高いものがいい」
「玄関に置いておいても違和感ないものを」

このようなデザイン性を大切にしているあなた!
そんなあなたには、グッドデザイン賞を受賞した防災セットがありますよ。

オシャレ女子のあなた、ママさんに特におすすめです。

◆オシャレママに大人気【スマート防災セット】

2014年度グッドデザイン賞受賞の防災セットです。
この防災セットの重さは、4.1kg!
通常は男性15kg、女性10kgと言われている中、4.1kgはかなり軽いですね。
防炎生地のリュックで日本の工場で丁寧に作られています。

◆〔防災グッズ〕地震対策30点避難セット

2012年度グッドデザイン賞受賞の防災セットです。
避難生活で必要な防災用品をセットにしたした非常持出袋(防災セット) です。
リュックの素材は、
・火災時の炎症を防ぐ防炎素材
・雨水の侵入を防ぐ防水素材と止水ファスナー
重さは、5.0kg

◆防災リュックのみ(中身無し)

防災に適したリュックが欲しい、
でも、中身は自分で揃えたい人にぴったり。

▼ママさんへ

【防災士監修】防災セット・女性用

防災士監修の女性用防災セットです。
中身が女性向けにアレンジされています。
レビューで評価が高いですよ。

防災セット(子供におすすめ)

子供さん用のキッズ防災セットもあります。
防災セットは、各人の必需品(薬やメガネなど)を入れたリュックを、できるだけ家族1人1人が用意しておいた方がいいでしょう。子供さんについても、負担にならない範囲で、検討されてもよいかもしれませんね。
Kids用の防災セットには次のようなものがあります。

◆〔子ども用の防災グッズ〕キッズ防災セット

◆くまモンのリュック&防災10点セット

◆くまモンのポーチ&防災10点セット

防災士認定3日間を生き抜く防災36点セット

防災セットでもう一つ見逃せないのが、「震災直後の3日間を生き抜く」をコンセプトに作られた、防災士認定防災グッズ36点セットです。

>>防災士厳選の防災グッズ36点セット

購入者の口コミを見ると、購入の一番のキメ手となったのは、「ダイナモLEDライト」が多いようです。

ライトの充電がポイントで、他社では「手回し充電」が多いのですが、こちらのライトは3種類の充電に対応!

◎ソーラー充電
◎手回し充電
◎USB充電

なんといっても、ポイントは「ソーラー充電」です!販売ページに「天気が良い時は窓際に放置するだけで充電ができるソーラー充電対応。蓄電した電気で携帯電話などを充電することも可能」とありました。これなら、ラクチンですね。

また、多機能なライトでもあります。

◎LED懐中電灯
◎デスクライト
◎FMラジオ
◎緊急サイレン

さらに、以下も決め手とされた理由の一つ、

◎iPhone、スマホの充電対応
◎もちろん、iPhone6sにも対応
(Lightningケーブルは別に購入)

これもポイント高いですね。

なお、賛否両論あるのが「リュック」です。

防水加工の軽量リュックになっているのですが、悪い口コミでは「生地が薄い」。良い口コミでは「防水加工のリュックはなかなかないので助かる」「軽くて子供でも背負える」。

「軽量」にこだわって作られているので「生地が薄い」というのはやむを得ないかもしれません。でも、まさかこれで登山するわけでもないでしょう?せいぜい避難所までの移動に使うくらいがメインかと。

ですので、「リュックサック」と捉えずに「非常用持ち出し袋のリュックタイプ」と捉えればよいのでは?

「非常用持ち出し袋がリュックになった」と捉えれば、かえって「両手が空き、防水・軽量・使い勝手のよい非常用持ち出し袋」と考えられますよね(*^^*)

どんな防災セットでも、自分が思ったとおりのものがすべて入っているものなんてありません。この防災セットの場合は、口コミを見ると、「この値段であれば買い」とする人も多いです。

さらにもう一つメリットを付け加えれば、複数個を同時購入すると割引価格で購入できるというのもあります。

・家族1人1つ用意したい。
・離れて住む親にプレゼントしたい。
・友達やご近所さんと一緒に買いたい。
・職場で複数個用意したい。

まとめ買いするとお得に購入できそうですね!

詳しくはこちらを見てくださいね(↓)


防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】

まとめ

本当に必要な防災グッズをリストアップするのはケースバイケースのために困難ですが、リストアップの考え方であれば、その優先順位は次のようになるでしょう。

<防災グッズ 準備の優先順位>

(1)命のリスクを軽減するもの
(2)自宅の避難生活を助けてくれるもの
(3)避難所生活をサポートしてくれるもの

「そのうちに」と思うのは、もうやめましょう。
用意するなら「今」ですよね!

スポンサードリンク

関連記事

過去の記事はこちらから