日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

【林修の今でしょ!講座】インフルエンザ検定を解いてインフルエンザウイルスを予防しよう!

林修 インフルエンザ

2016.1.5テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」は、インフルエンザ検定。名医が作った問題で解けばとくほどインフルエンザのことがわかります。ゲストはSMAPの草彅剛くん

インフルエンザ、私も何回かかかったことがありますが、苦しいですよね~~(^^; 今年はかからないようにしたいものです。

全部で厳選問題17問!
以下、質問形式で書いていきますので、よかったら一緒に解いてみて下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザと風邪の違いは?

【第1問】
インフルエンザと普通の風邪との違いは何?

【正 解】
インフルエンザは、風邪と比較して突然高熱が出ること。

【解 説】
・そもそも熱が出る理由は、ウイルスと戦うカラダの免疫をパワーアップさせるため。カラダが自分自身のカラダを守るための防衛反応といったところなのです。

・「インフルエンザはなぜ突然高熱がでるのか?」というと、ウィルス自身の増殖(ウイルスが人間の細胞に入って自分のコピーを大量に作ること)スピードがとても速く、1つのウイルスが1日たつと約100万個に増殖。なので、カラダは全身を使って熱を出して体を守るように働いているとのこと。

・増殖しすぎると、高熱・関節痛などの症状が長引き、最悪の場合は肺炎などの合併症を引き起こすこともあるそうです。

ウイルスが最も増殖しやすい場所は?

【第2問】
インフルエンザウイルスが最も増殖しやすい場所は?

【正 解】
の上気道と呼ばれる部分

【解 説】
・喉は、体温よりもやや低い「約33度」。この33度位が、ウイルスの増殖に最も適した温度。ここでウイルスが増えることにより症状が出てくるそうですよ。

冬にインフルエンザが流行する理由は?

【第3問】
冬にインフルエンザが流行する理由には3つあります。
1.空気の乾燥
2.ウイルスの増殖に適した温度
3.(   )

3に入るのは何でしょう?

【正 解】
3.日が出ている時間が短い

【解 説】
・冬にインフルエンザが流行するのは、日光にあまり当たらなくなるから。というのは、日光に当たることにより、体内でウィルスの感染を防ぐある物資が作られるからなのです。

・体内には「ビタミンD」という物質がある。「ビタミンD」は、食べ物でも摂れるが、大部分は、皮膚が太陽の光にあたることで活性化されてくるそう。

・「ビタミンD」は骨粗しょう症に良いとよく聞くが、免疫にはどう関係しているのか?それについても、日光浴で体内のビタミンDが活性化し、それによりウィルスを倒す抗菌ペプチドが作られるのだそう。抗菌ペプチドとは平たく言うと、最近やウイルスをやっつけてくれる成分のこと。

・結核の治療薬が誕生する前は、日光浴が治療の一つとされいました。

まとめると、日光浴で体内のビタミンDを活性化させることは、結果的にウイルスを倒す抗菌ペプチドが作られるということですね。

日光浴は、毎日できる簡単な予防法なのですね!

ただ、紫外線を浴びすぎると危険と言われていますよね。
そこで、次の問題です!

インフル予防のための日光浴の時間は?

【第4問】
インフルエンザ予防のためには、1日どれくらい日光浴をしたら良い?
A:20分  B:2時間

【正 解】
A:20分

【解 説】
・目安としては1日20~30分の日光浴でビタミンDは活性化すると思うとのことです。

・寒くて肌を出せないときは、手だけでも約20分、日にあてても、インフルエンザ予防の効果が期待できるそうです。

・食事としては、「ビタミンD」が豊富な「椎茸」がおすすめとのこと。

◎毎日「しいたけ」を食べるようにして、1日20分は外に出ることを心掛けましょう。

子供がインフルエンザにかかりやすい理由は?

【第5問】
子供が大人に比べてインフルエンザにかかりやすい理由は?

【正 解】
子供は、インフルエンザにかかった経験が少なく、免疫が少ないため

【解 説】
・生まれた時は免疫がなく、免疫は獲得していくもの。

・小さい時に色々なものにかかることで様々な免疫が備わっていき、大人はかかりづらくなっているそう。

・「子供のころにできた免疫はどのくらい持続するのか?」
 ⇒免疫ができた記憶はかなり長く持続すると言われています。
 ⇒最初に出会ったウイルスは強烈で、80~90歳になっても覚えているのだそうです。

・「毎年インフルエンザにかかる人はどういうことなのか?」
 ⇒インフルエンザウイルスは形を変えやすいので、過去にできた免疫が通用しないことも多々あるそうです。

・ウイルスの生存競争は激しく、生き残れるのは1種類。なので、新しいウイルスが流行すると前にウイルスは消えてしまうとのこと。

ウイルスはウイルスで必死に生き残ろうとしているのですね。

予防接種を受ける大事な理由は?

【第6問】
予防接種を受けるのは、インフルエンザの感染を防ぐため。
この感染を防ぐ目的以外で、予防接種を受けた方が良い大事な理由は何?

【正 解】
インフルエンザにかかってしまった後、重症化するのを防ぐため

【解 説】
・インフルエンザの「重症化」とは、ウイルスが体内で増殖しすぎて、肺炎や脳症などにつながってしまうことを言います。

・重症化防止には、ウイルスを増殖させないことが大切。そこで活躍するのが「予防接種」なのです。

・そもそも「予防接種は体内に何を打ち込んでいるのか?」
⇒生きているウイルスではなく、死んだウイルスを注射で体内に入れている。なお、ウイルス自体は死んでいるので体内で暴れたり増殖したりすることはないので、これで病気になることはないそう。

・死んだウイルスが体内に入ると、白血球(体の免疫)の一種がその情報をキャッチし、ウイルスの情報を分析。リンパ節(白血球の吉)に持ち帰り、抗体(ウイルスをやっつける武器)を作る作戦会議をする。作られた抗体は、血管を流れて血管の中をパトロールする。ウイルスを発見次第やっつけ、増殖を始めたウイルスを倒す。ただ、血液の中に抗体があっても、ウイルスに攻撃が届かないことがある。そんな場合に、インフルエンザにかかってしまうこともある。かかってしまった後の重症化をこの抗体によって押さえてくれるのだそうです。

・このように、従来のワクチンは、重症化は防げるが感染は防げないこともありました。そこで、現在、感染そのものを防ぐことが期待される新型ワクチンの研究開発がなされているそうです。この新型ワクチンは、現在治験中で、5年後くらいの実用化を目指しているとのこと。早く開発されるといいですね。

インフルエンザ検査時、綿棒で何をしている?

【第7問】
病院でインフルエンザ検査をする時は、綿棒を鼻に入れて検査しますが、この綿棒で何をしているのでしょう?

【正 解】
綿棒でウイルスを採取しています。

【解 説】※池袋大谷クリニック院長の大谷義夫先生
綿棒を鼻の奥の方まで入れて、細胞にウイルスが寄生しているので、そこをゴシゴシと細胞をはがすような形でウイルスを取ってきてそれを検査するのだそうです。

粘膜表面の細胞をはがすようにウイルスを採取していたんですね。
実際私も何か受けたことがありますが、ちょっと痛くて、大人でも嫌ですよね。

48時間以内に病院にいくべき理由は?

【第8問】
インフルエンザの恐れがある時、48時間以内に病院へ行った方が良い理由は?

【正 解】
薬の効き目が弱くなるから。

【解 説】
・今、病院に行って出される薬は、ウイルスの増殖を抑える薬。つまり、ウイルス自身をやっつけるのではなくウイルスが増えるのを抑える薬。ですので、増えてしまったところで、薬を飲んでも効き目が悪くなってしまうのだそうです。

・インフルエンザにかかって48~72時間でウイルスの量はピークになる。このため、増殖しすぎる手前のところで薬を使えば、発熱期間が短くなるということなのです。

◎ウイルスの増殖がピークになる48時間以内に病院に行くことが大切です!

高齢者がインフルエンザにかかると危険な理由は?

【第9問】
高齢者がインフルエンザにかかると危険とよく言われますが、その理由は?

【正 解】
高齢者は、体の免疫が低下していて熱が出ないことがあるから。

【解 説】
・通常、インフルエンザにかかると必ず高熱が出るということでしたが、高齢者の場合はインフルエンザにかかっても熱が出ない場合がある。これは、言わば「隠れインフル」です。

・「隠れインフルの怖さは?」
⇒熱が出ないために、インフルエンザにかかったことに気付かずに過ごしてしまう。このため、病院に行かず、重症化してしまいます。すると、合併症になり、別の病気につながる危険性が出てきてしまうそうです。

・特にお年寄りの場合は、合併症に繋がるケースがあるので、早めに病院に行って治療したほうがよいとのこと。

・合併症が増えてくるのは、65歳以上であることが多い。

・「熱が出ない隠れインフルを見分ける方法は?」
⇒冬、全身に関節痛・筋肉痛などの症状が現れた場合、熱がなくてもインフルエンザの可能性があるそうです。なお、「一つの肘が痛い」のと「全身が痛い」のは違います。

◎特に高齢の場合、熱がなくても「全身が痛い」場合はインフルエンザを疑いましょう。

解熱後、外出を控えるべき日数は?

【第10問】
ようやく熱が下がり体調も良くなったが、外出すると人にうつしてしまうかも?
外出のタイミングは難しいものですが、熱が下がった後外出を控えた方がよいのは何日?

【正 解】
熱が下がった後、2日は外出を控えた方が良い。

【解 説】
・「解熱後2日間は外出を控えた方がよいがその理由は?」
⇒熱が下がったといっても、ウイルスは体内にしばらく残っているため、せきやくしゃみをすると人にうつしてしまう可能性があるため。

・学校保健安全法でも「解熱後2日間は出席禁止」としているそう。

スポンサードリンク

くしゃみのしぶきが飛ぶ距離は?

【第11問】
くしゃみによるしぶきは、何メートルまで飛ぶ?
A:2メートル以内  B:10メートル以内

【正 解】
A:2メートル以内

【解 説】
・実際に男女1人ずつ実験をしてみましたが、思いっきりせきをしても、2人とも2メートル以内でした。

◎インフルエンザにかかっている人がいたら、「2メートル以内」に近づかないようにしましょう(^^;

インフル予防のうがいの回数は?

【第12問】
インフルエンザを予防するには(  )に1回うがいをしないと効果が期待できない。
(  )に入る時間は何?

【正 解】
20分に1回うがいをしないと効果が期待できない。

【解 説】
・うがいは、のどについたウイルスを洗ってくれるので非常にいい。ただ、インフルエンザウイルスの特性を考えると、ウイルスがのどの粘膜に付着するとすぐに細胞に侵入してしまう。細胞に入るとすぐに増殖がはじまるので、20分ごとにうがいをしないといけない。

・「20分に1回のうがい」は現実的には難しい。なので、普段のインフルエンザ予防には、うがいの他に手洗いを積極的にやることが大切。

・ウイルスの感染経路は、
(1)くしゃみなどのしぶきによる飛沫感染
(2)ウイルスが付着した物に触れて感染する接触感染
があるので、「うがい」と「手洗い」をした方がよいとのこと。

・「手にウイルスがついていると家の中で感染はどこまで広がるか?」
⇒6人家族の一般家庭で実験したところ、たった2時間でかなり広がった。
⇒そのためにも、手洗いは大切。

◎インフルエンザウイルスには、アルコール除菌が効果的。

「あいうべ体操」で期待できる効果は?

【第13問】
「あいうべ体操」で期待できる効果は?
(A)する癖のある人が(B)できるようになる。

※「あいうべ体操」については後述してます。

【正 解】
(A)口呼吸
(B)鼻呼吸

つまり、(口呼吸)する癖のある人が(鼻呼吸)できるようになる。

【解 説】
・口の周りを動かすと、その辺りの形が変わる。最近の子供は固いものをあまり噛まなくなったので、口を開けていることが多い。すると、口呼吸になっているのだそうです。

・「口呼吸のデメリットは?」
⇒乾燥した冷たい空気が直接肺に入りやすいため、体温が下がる⇒臓器の働きが低下⇒免疫力が低下するということ。

◆「あいうべ体操」がインフルエンザに効果的

「あいうべ体操」とは、平たくいうと、口呼吸を鼻呼吸に変えてくれる体操で、考案したのは、みらいクリニック 今井一彰院長。

◎「鼻呼吸の利点」とは?
⇒考案者の今井先生によると、鼻の中は入り組んでいて、加湿・加温することができる。「口呼吸」は、口に唾液程度しかないため、冷たく、乾いた汚い空気を直接取り込むことになる。一方、「鼻呼吸」は、鼻毛や鼻水で、ウイルスや微生物などをブロックし、キレイな空気を送ることができる。というわけで、「口呼吸」よりも「鼻呼吸」の方が利点が多いと言うことができるのだそう。

◆「あいうべ体操」をやってみよう

(1)「あ~~~」と口を大きく開く。
(2)「い~~~」と口を大きく横に広げる。
(3)「う~~~」と口を前に突き出す。
(4)「べ~~~」と舌を突き出して下に伸ばす。

ポイントは、かなりゆっくりやること!
口を閉じるために必要な「咀嚼筋・口輪筋・舌筋」などを鍛えることができるそう。
すると、自然と口の周りの筋肉がしっかりとしてきて、口をぽかーんと開けていることがなくなり、口呼吸から鼻呼吸へ変わってくるということだそうですよ。

◎普段から意識して「鼻呼吸」にした方がよさそうですね。

朝起きてすぐやると予防効果が期待できるのは?

【第14問】
朝起きてすぐやると予防効果が期待できるのはどちら?
A:歯みがき  B:洗顔

【正 解】
A:歯みがき

【解 説】
・高齢者の方で口腔ケアをしっかりやった患者さんとあまり口腔ケアやっていない患者さんの2つに分けて検討した実験結果があるそう。それによると、「口腔ケアをしっかりやった患者達の方が、インフルエンザの発症が明らかに抑えられた(たしか10分の1まで抑えられた)」ということ。

・その理由として、睡眠中は唾液の量が減り、口の中のばい菌は繁殖しやすい。口の中のばい菌が出す酵素が粘膜を傷つけると、傷ついたところはウイルスが付着しやすくなってしまう。

このため、「朝の歯磨き」は、インフルエンザ予防に効果的なのだそうですよ。

ガムがインフル予防に期待できる理由は?

【第15問】
意外と知られていないインフルエンザ予防の方法として「ガム」があります。はたして、ガムの何がいいのでしょうか?

【正 解】
たくさん噛むことで唾液がでるから

【解 説】
・唾液が出るのは感染の予防につながる。唾液がたくさん出ると、口の中に入ってきたウイルスを唾液でからめとることができる。

・具体的には、唾液は、口の中のウイルスを唾液のネバネバで絡めとって胃の中に落としてくれる。胃の中に入ったウイルスは、胃酸で倒される。

・また、唾液には殺菌・抗菌作用がある様々な物質が含まれており、唾液があることで口の中が清潔に保たれている。

・ガムの種類は何がよいのかということよりも、ガムを噛むことによって「唾液が出ること」に注目する。

・普段の食事でも、よく噛んで唾液を出すのは効果的。

◎インフルエンザ予防には「唾液を出す」ことが大切!

ウイルスの増殖抑制効果が期待される食べ物は?

【第16問】
近年研究で立証されたインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果が期待できる食べ物はどれ?
A:レモン  B:梅干  C:パセリ

【正 解】
B:梅干

【解 説】
・和歌山県立医科大学が行った研究結果によると、梅の成分に含まれている梅酢ポリフェノール(エポキシリオニレシノール)が、ウイルスの増殖や感染力の低下に期待できるということ。

・研究者の宇都宮先生によると、まだ研究段階ではあるが、「梅干」を毎日食べることでインフルエンザの予防効果が期待できるのだそう。

◎おすすめは「梅干茶」。「梅酢ポリフェノール」✕「茶カテキン」=W効果を期待!

>>楽天市場「梅干ランキング」を見る

>>楽天市場「日本茶ランキング」を見る

電車でインフルの感染リスクが少ない場所は?

【第17問】
電車やバスなど人の集まる場所はインフルエンザ感染の危険性が大きい。でも、乗らないわけには行かないですよね。

そこで、電車になる場合、インフルエンザの感染リスクが比較的少ない場所はどの辺り?

【正 解】
出入り口付近で、窓を向いて立つと感染のリスクが比較的少ない。

【解 説】
・インフルエンザウイルスは2m以内に近寄ると感染の危険性が高まる。なので、混雑している電車の中では、人の飛沫にあわない様に、窓側を向いて立つのがよいそうです。

・また、出入り口に立つとよいのは、扉が開いて空気の入れ替えがされるから。

◎飲食店でも同様で、なるべく感染しないような席(窓側や壁側で窓や壁を向いた席)を選ぶとよい。

まとめ

インフルエンザ検定は以上です。あなたはどのくらい正解できましたか?

番組では、今回、林君と草なぎ君が回答者でした。林君はもちろん、草なぎ君も結構当ててましたよ!問題によっては、林君が間違って、草なぎ君が当たっていたりと、どっこいどっこいといった感じでした^^

厳選された17問。これだけで、インフルエンザ感染リスクがだいぶ減ったように思いませんか?

「梅干茶」や「ガム」など、できることからさっそく取り入れたいですね!

★インフルエンザ予防の効果が実証された!?
⇒腸内フローラ最前線まとめ!R-1乳酸菌で便秘・大腸がん回避へ

スポンサードリンク

関連記事