日々の豆知識、コツなどお役立ち情報をCafeのごとく様々なMenuであなたにお届け!

menu

みのりCafe

LPSでマクロファージを活性化し夏バテ予防!

その原因X lps

今年は本当に毎日暑いですよね。あなたは夏バテしていませんか?管理人は早くもダルダル気味。この夏バテ、なんとかしたいですよね?

そんな折、某テレビ番組で、「夏バテと夏の突然死予防」について特集していました。

夏バテの原因は「免疫細胞マクロファージが働かなくなることにもある」のだそう。教えてくださったのはLPS(リポポリサッカライド)で有名な先生でした。

<LPSのもっと詳しいページ>
LPSの効果は?LPS化粧品イミニリペアセラムとは?
イミニリペアセラム口コミ|iminiを実際に使った本音の感想

以下では、マクロファージのニート化とマクロファージを元気にするLPSのこと、LPSが豊富な夏バテ対策最強食材やLPSサプリメント等についてまとめていきます!


夏バテの症状と原因は?

一般的に夏バテの症状には次のようなものがあげられます。

・胃腸が弱まり、食欲がなくなる。
・内臓や脳をコントロールする自律神経が乱れて、身体がだるくなったり、眠れなくなる。

この辛い夏バテに関し、医学界に新常識が!

実は、私たちが皆持っているあるスーパー細胞が夏バテに関係していることがわかったのだそう。

「夏バテの原因はマクロファージが働かなくなることにもある」

とのこと。

では、そのマクロファージっていったい何なのでしょう?

マクロファージとは?

マクロファージとは、私たちの体の全身に存在する免疫細胞のひとつ。マクロファージは、身体の中に侵入してきた有害物質やウイルスを発見すると、取り囲んで食べてくれるのです。

この働きが、今、世界中の医療で大注目なのだそう。

ですが、このマクロファージが働かなくなる(ニート化)と、有害物質やウイルスを食べてくれず、身体の中に溜まってしまいます。

すると、食欲がない・ダルイといった夏バテの症状が現れてくるのです。

マクロファージがニート化する理由

「マクロファージはストレスに弱いんです。特に夏はストレスを感じやすい時期だといえます」と先生。

つまり、夏の暑さ・冷房・強い日差し等がストレスとなり、マクロファージが働かなくなるということ。

【Q】マクロファージは身体中にいてくれるものですか?

【A】身体中の色々な組織・臓器にマクロファージは存在しています。


スポンサードリンク

マクロファージのここがスゴイ!

マクロファージは今世界中で研究されてきているそうなのですが、免疫細胞が色々ある中で、マクロファージのスゴサとはいったいどんなところなのでしょう?

マクロファージのスゴイところ!
  • がん
  • アルツハイマー型認知症
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病(2型)
  • 骨粗しょう症
  • 花粉症

例えば、「がん」については、マクロファージががん細胞を食べることで、がん発症のリスクが抑えられるとのこと。

また、「アルツハイマー型認知症」については、マクロファージがアルツハイマー型認知症の原因となる(脳内の)アミロイドβを食べてくれることで、アルツハイマー型認知症の予防になるのだそう。

私たちが恐れている「がん」や「認知症」についてもこのような期待ができるなんて、マクロファージってほんとスゴイんですね!

LPS(リポポリサッカライド)とは?

私たちの体内のウイルスや有害物質を食べてくれるというマクロファージ。このマクロファージを元気にするにはどうしたらよいのでしょう?

この疑問に対して先生は、

「LPSという成分を摂取することでマクロファージを活性化できます」

と、きっぱりご回答。

リポポリサッカライド通称「LPS」は、土の中で育つ野菜や海藻に含まれる成分のこと。

このLPSを摂ることで、働かなくなったマクロファージが元気になり、有害物質を食べてくれるのだそう。

◆LPSのポイント

先生からLPSについて重要なポイントの説明が。

LPSは人間の身体では作られないので、食べ物から摂る必要があります」とのこと。

この食べ物については以下でご紹介しましょう。

マクロファージを元気にする最強食材

マクロファージを元気にする食材として紹介されたのはこちら。

◆マクロファージを元気にする食材

マクロファージを元気にする食材として紹介されたのがこちら。

十割そば・とろろ・なめこ・めかぶ・ひらたけ

「十割そばの上に、とろろ・なめこ・めかぶ・ひらたけ」を乗せれば、夏バテ最強料理になります!

また、マクロファージを元気にするLPSを豊富に含む食材は次のとおり。

LPSを豊富に含む食材
  • 十割そば
  • キノコ類(ひらたけ・なめこ・しいたけ)
  • 海藻類(岩のり・ひじき・めかぶ)

他に、こちらもよいそうです!

◎そば湯
そば湯も一緒に飲むと効果的(そばを茹でた時にLPSが溶け出しているため)

◎玄米ご飯
主食として食べられる玄米ご飯もLPSが豊富。

夏バテ最強食材の摂取例

1日の摂取量の目安は、3食のうち1食を、十割そばや玄米ごはん1膳に、海藻やキノコ類を追加するだけでOKだそう。次の2つの例を参照。

夏バテ最強食材の摂取2例
◆例1◆
十割そば(100g) LPS量約350μg
めかぶ(25g) LPS量約64μg

◆例2◆
玄米ごはん(100g) LPS量約450μg
なめこの味噌汁(40g) LPS量約18μg
※LPSの1日の推奨摂取量は約500μg

夏バテ予防に積極的にこれらの食材を摂りたいものですね。

<注意>
180℃以上の高温で調理するとLPSが壊れます

天ぷらは180℃以上で揚げる場合がありますよね。
LPS摂取目的なら天ぷらは期待しない方がよいのかもです。

LPS摂取で夏バテ改善を検証

本当にLPSを摂ることでマクロファージが元気になり、夏バテを改善できるのでしょうか?

毎年夏バテしてしまうという5名の一般被験者に試してもらいました。

◆検証方法
LPSが多い食材を3週間たべてもらう。

◆3週間後の血液検査の結果
検証前と比較し、5人全員とも、
マクロファージ活動力(貧食力)がアップ!

◆被験者の方の感想

・「だるくて起きていられないというのがなくなった」(56歳女性)

・「朝の目覚めが全然違う。朝から快調!睡眠時間がきちんと長くとれる」(60歳男性)

このように、皆さん、食欲が戻ったり、だるさが消えたりと効果を実感されているようでした。

思ったよりも効果があるようですね。

ここで、ゲストから先生に質問が。

【Q】マクロファージがいったんストレスにさらされて元気なくしても、元気になるものを食べれば、また蘇ってそれからずっと元気でいてくれたりしますか?

【A】調べたところによると、普段からLPSが含まれている食事をしていると、そもそもストレスに対して、非常に強い抵抗力を持つようになります。ですから、マクロファージの働きがストレスが来てもあまり落ちない。普段から毎日継続してLPSを摂っておくことが、予防的な意味でも大事。

ポイントまとめ
  • ◎普段から継続してLPSを含む食事を摂る
  • ◎ストレスに対して非常に強い抵抗力を持つようになる
  • ◎ストレスが来てもマクロファージの働きが低下しにくい
  • ◎夏バテしにくくなる

予防にもなるので、ふだんからLPS豊富な食材を摂るようにしましょう!

LPSのサプリを活用!

LPSが豊富な食材を日常的に摂取することの重要性は、前述のとおりよくわかりました。

でも、こんな風に思っていませんか?

「毎日毎日十割そばや玄米ご飯ばかり食べれない」
「食事に気配りする時間がない」
「外食が多いので難しい」

やはり、LPSが豊富な食材を継続的に摂るのは、現実的にはなかなかむつかしいですよね。

「LPSを毎日摂取するカンタンな方法はないの?」

はい、そんな時のためにあるのがこちらです(↓)


⇒ TVで今話題の免疫ビタミン
LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】

まとめ

夏バテして体がだるかったり、睡眠不足や食欲不振になると、仕事も家事もはかどりませんよね。

そんなダルダルな一日を過ごすのはほんとにもったいない!

特に暑く感じる今年。LPSを豊富に含む十割そばや玄米ごはんなどを意識して食べるようにして、夏バテ予防を心がけましょう。

暑い夏を元気に楽しく乗り切りましょう!


★今話題のLPS化粧品!imini(イミニ)リペアセラム★





関連記事

過去の記事はこちらから