健康

ジョブチューン 白内障の予防改善に効果的な食べ物とは?

ジョブチューン 白内障

「ジョブチューン」(3月24日放送)は病気の危険度チェックスペシャルでした。このページでは、年を取ると誰でもなる可能性がある「白内障」についてまとめます。

今回の記事を読むと、白内障の予防に効果的な食べ物白内障の改善法がわかりますよ。

スポンサーリンク

白内障とは?

ジョブチューン 白内障

白内障とは、加齢により目の水晶体が濁ってしまう病気。

<白内障の見え方>
・視界全体がかすんでみえる
・物が二重三重に見えてしまう
・悪化すると視界が黄色くなる
・視界が黄色くなると青い光(ガスの炎など)が認識しずらくなる

白内障になると、上記のように日常生活に支障をきたすようになってしまいます。

悪化すると「失明」にもつながってしまいます。実は世界中の失明原因の約50%が「白内障」と言われているのだそうです。

<加齢性白内障の人の割合>
・40代 30%
・50代 50%以上
・60代 60%以上
・70代 70数%以上
・80代 90数%以上 ←ほとんどの人が発症

白内障を予防する食べ物とは?

ジョブチューン 白内障

まず、白内障予防に効果的な成分としては「ビタミンC」という報告があるそうです。

「ビタミンC」が多く含まれているものは色々ありますが、中でも注目されているのが「パプリカ」です。

ビタミンCというとレモンのイメージが強いですが、実はパプリカに含まれるビタミンCはレモンの2倍!

更にパプリカには「ビタミンP」という成分も含まれています。「ビタミンP」は、加熱によるビタミンCの分解をふせいでくれるので、加熱調理してもビタミンCの濃度は高く保つことができるのです。

【Q】パプリカを1日に食べる量は?

【A】半分でも食事の中に足すと1日のビタミンCの目標値に達する。

【Q】白内障の治療法は?

【A】進行してしまった場合は、手術という方法を摂らざるを得ない。怖い印象があると思うが、眼科で今一番進歩しているのは白内障手術といってもいい。

白内障手術は、痛みはほぼない。短時間で終わり、日帰り手術で治すことができる。なので手術を受けない方がデメリットになるのではないか。

そんな白内障手術は、次のような流れで行われるそうです。

白内障手術の手順(概要)
(1)目に細い管を通し超音波で白く濁った水晶体の中身を砕く。

(2)砕いた水晶体の中身を吸い出す。

(3)そこに人工レンズを装着する。

このように、工程もそれほど多くないようで、短時間で終わるみたいですね。

【Q】「短時間」とはどのくらい?

【A】熟練した眼科専門医であれば10分以内で終わる。

【Q】老眼は治らない?

【A】老眼も白内障と一緒に治すことができる。

スポンサーリンク

白内障と一緒に老眼も治せる画期的な治療法とは?

最近は、多焦点眼内レンズというものがあるそうです。

どんなものかというとみれば遠近両用メガネのようなもので、遠近両方見えるようになるのだそう!老眼治療の非常に斬新なレンズとして注目を浴びている。

費用は、保険適用外の手術になるので安くはない。片目で40~70万円。ただ、自分の視力年齢を30歳くらいに取り戻せる。

まとめ

長生きはしたいですが、年をとったときに怖い病気の一つが白内障。

ですが、今回、白内障対策にはビタミンCが効果的であることがわかりました。ビタミンCは、パプリカに多く含まれているということなので、冷蔵庫にはいつもかかさず入れておき、食べる習慣をつけたいですね。

また、白内障手術に恐怖を感じていましたが、意外と気軽(といってはなんですが・・・)に受けられるということがわかり、安心することができました。よかった、よかった。

◎同じ特集
⇒便秘解消に効果絶大な食べ物はコレ!
⇒突然死を予防するLPT(ラクトトリペプチド)を含む食べ物とは?

スポンサーリンク