防災

防災グッズおすすめ!役に立つ&あると便利なグッズ・非常食とは?

乾パン

地震大国日本、ここに住む私たちは日本のどこに住んでいようとも、常に地震の危険性があると考えておいた方がよいでしょう。

今回は、大震災経験者の体験談や口コミなどから「被災時に役立つ防災グッズ」「あると便利な防災グッズ」「あると便利な非常食」をまとめてみました。

スポンサーリンク

被災時に役立つ防災グッズ

実際に被災された方々の口コミを拝見し、被災時に役立ったというグッズを一覧にしました。

被災時に役立つ防災グッズ一覧

・懐中電灯(必須)
・水(必須)
・携帯ラジオ
・食料
・乾電池
・卓上コンロ
・タオル
・現金
・ポリタンク
・軍手
・救急セット
・毛布
・ビニール袋
・現金
・ローソク
・ライター
・筆記用具
・カート・代車
・預金通常の番号の控え
・保険証・免許証のコピー
・常備薬の処方箋コピー

上記の中でも、「懐中電灯、水は最も重要!」という口コミは多かったです。
これらは必ず用意しておきましょう。

スポンサーリンク

被災時にあると便利な防災グッズ

今度は、被災時にあれば便利な防災グッズです。できるだけそろえておきたいですね。

被災時にあると便利な防災グッズ一覧

・サランラップ
・スリッパ
・携帯用浄水器
・常備薬
・ブルーシート
・簡易トイレ
・生理用品
・眼鏡
・ゴミ袋
・新聞紙
・ホイッスル
・バケツ
・使い捨て下着
・100均のカッパ
・携帯カイロ

「サランラップ」は、お皿にまいてその上に食料を置けば、水の節約になります。
「ブルーシート」は、雨除け、風よけ、目隠し、防寒などに大活躍するでしょう。
「ゴミ袋」は、水を入れたり、トイレの汚物処理、逆さにかぶって防寒、かっぱの代わりなどになります。

被災時にあると便利な非常食は?

今度は非常食についてです。
こんな非常食を用意しておくと便利ですよ。

被災時にあると便利な非常食一覧

・即席めん(袋麺、カップ麺)
・缶詰
・お菓子(ビスケットなど)
・レトルト・無菌パック米飯
・レトルトカレー
・即席味噌汁
・乾パン

「即席めん」「缶詰」などは、保存しているご家庭も多いと思いますが、長期保存の効く「レトルト・無菌パック米飯」「レトルトカレー」「即席味噌汁」なども、日頃から多めに買っておいて、いざというときに備えておくとよさそうですね。

▼非常食セットA 7日間38種類42品
被災時の7日分の食事を想定した非常食セットで人気があります。
ライフラインが回復するまでの非常食に持っていると安心感が違いますね。

 

モーリアンヒートパック(発熱剤)

被災している時こそ暖かい食事が欲しいものですよね。とはいえ、お湯をわかしてレトルト食品を温めるというのも状況によっては難しいかもしれません。

そんな時に便利なのが、発熱剤のモーリアンヒートパックです。

少量の水があれば加熱できます。火が無くても暖かい食事を摂れるんです。いざと言う時のために非常用袋に入れておくと何かと安心ですね。

▼モーリアンヒートパック 加熱セット(お試しにぴったり!)

加熱袋L1枚+発熱剤L3個が入ったセットです。
まずはこれで試してみて、その後で必要セットを購入するとよいと思います。

 

まとめ

あるアンケートで、震災の時に困ったことの順位は次のようになっていました。

<震災時に困ったことの順位>

(1)生活用水(洗面、洗濯、入浴)
(2)トイレ
(3)飲料水
(4)家族との連絡
(5)食料
(6)燃料
(7)冷暖房
(8)避難生活

いつ、どこで、どんなときに自分や家族が被災するかはわかりません!
上記のような場面をよく想像して、自分や家族に必要な防災グッズや保存食を用意しておきたいものですね。

>>本当に必要な防災グッズとは?防災セット選びの注意点

スポンサーリンク